事故を減らそう

ガッツポーズの女

自動車が登場したばかりの頃に比べて、現在では交通事故の数が減っています。そして交通事故の件数だけでなく、内容についても重度のものが減少しているのです。自動車が道を走っている限り、交通事故が無くなる事はありません。しかし確実に少しずつ減少していくため、現在の半分程度の数までは期待できます。 事故時には弁護士が雇用される事が多いと言われています。なぜなら示談をするために、不可欠な存在だからです。しかしトラブルが少なくなれば、弁護士が出動する余地はなくなります。だから彼らの活躍する場所も、別の場所に移っていく事が予想されているのです。弁護士の仕事はバリエーションに富んでいるため、仕事が消える事はないと言われています。

確かに交通事故が減少する事で、被害者が傷つくリスクは減少します。しかし加害者が被るダメージが、大きくなる恐れはあるのです。本来であれば加害者が損害を負う事はありません。しかし交通事故が滅多に起こらなくなれば、社会からの追求が厳しくなります。 人間というものはどれだけ気をつけても、ミスを絶対に避ける事は不可能です。それは交通事故についても同様と言えます。 現在では示談金の支払いなどで、被害者も損害を受けています。しかし今後は高額な示談金の支払いだけでは終わらず、その後の交通事故に対しての追求が厳しくなるかもしれません。そうなった時には多少の出費をしてでも、加害者側も弁護士を利用し始める可能性はあります。